インフルエンザにヨーグルトが効く?

インフルエンザにヨーグルトが効くという話があります。
但しこの話については、感染状態にある際にヨーグルトを接種する事で直接的に治癒に至るというものではありません。
また、ごく一時的な摂取によってもインフルエンザに対する効果が期待出来るものでもありません。

ヨーグルトの継続的な摂取によって得られる恩恵として考えられるのは、含まれる乳酸菌等の働きによる腸内環境の改善です。
実は腸内環境は免疫力に深く関わっているとされ、その影響は直接的な免疫の能力に関わるNK細胞にまで至るものとされています。

インフルエンザウィルスが何らかの経路で体内に侵入した場合、これに対して一義的に攻撃を行うのはNK細胞です。
攻撃結果の如何によっては、ウィルスの繁殖を抑えたり症状の発生を抑えられる可能性もある事から、事実上感染を感知しないレベルにまで至らしめる事も可能です。

つまりヨーグルトは免疫を強化する一助となって、インフルエンザに対抗できる体の土台作りに繋がるという意味で効くと考えられる訳です。
加えてヨーグルトは個々の製品によって発酵に使用されている乳酸菌株の種類が異なり、中には特にウィルス抵抗性を高めるという点で効果が高いと指摘されているものも存在します。
インフルエンザ対策の意味では、乳酸菌の種類にまで気を配るとより高い効果が期待出来ると言えます。

インフルエンザの時に飲んでいい解熱剤とは

インフルエンザとは、インフルエンザウィルスが感染することによって起こるウィルス性の呼吸器感染症のことです。
空気の乾燥する冬に大規模な流行が見られ、ウィルスの型によってA型やB型など様々な種類に分けられます。
免疫力の弱い小児や高齢者に多く見られ、重篤な状態に陥ることもあるため注意が必要です。
咳やくしゃみなどの飛沫感染で感染するため、予防のためにもマスクの着用やうがい及び手洗いが推奨されています。
事前に予防接種を受けることも効果的です。

インフルエンザの症状の一つとして高熱が挙げられます。
これは、体内のインフルエンザウィルスを撃退するために体が起こす自然な反応です。
むやみに解熱剤で下げる必要はないとされていますが、40度以上になると生死に関わってくるため、状況に応じて解熱剤を使うことも大事になります。
ただし、解熱剤によってはインフルエンザ脳症を引き起こすおそれのある薬があることも事実です。
サリチル酸系製剤などがこれにあたります。
インフルエンザの時に飲んでいい解熱剤としては、アセトアミノフェンが主成分として含まれた薬です。
病院で診断を受けた上で医師に処方してもらうと安心して服用することができます。