ウイルスの侵入と増殖と症状なしでインフルの感染期間

毎年流行して多くの人を危険にさらしてしまうインフルエンザはインフルエンザウイルスに対する感染症です。ウイルス感染とはウイルスが体内に侵入し、その人を宿主として増殖をするという状況になることであり、感染に対して抵抗するために身体は免疫応答を起こします。それによって高熱を代表とする多様な症状が生じるのがインフルエンザなのです。ウイルスが体内に侵入してから増殖をしていくためには時間が必要になるため、ウイルス感染の場合には共通して潜伏期間と呼ばれる無症状のウイルスキャリアの期間が存在します。この期間もインフル移る期間であるということの認識が必要であり、潜伏期間が長い場合ほど無症状で通常の生活をしてしまいやすいことから感染が拡大しやすい傾向にあります。インフル移る期間には潜伏期間だけでなく、寛解期間にもあるということにも留意が必要です。インフルエンザが治ったと自覚したときにはまだインフルエンザウイルスが体内に残っています。ウイルスの増殖に対して免疫応答が優位になって症状が緩和されてきただけであって、まだ無数のウイルスが体内で活動している状況なのです。こういった自覚書状がないにもかかわらず、人に移してしまう可能性が高い期間があるのがウイルス感染の恐ろしいところであり、それゆえに感染が拡大しやすいのです。インフル移る期間として覚えておかなければならないのは、潜伏期間が1日から2日程度、寛解期間が2日程度ということです。潜伏期間に接触した人には注意を呼びかけ、場合によっては医療機関を受診するように勧めるとよいでしょう。また、寛解期間にはそれ以前と同様に安静を続けて周囲の人との接触を避けることが重要です。